妻の不倫が判明した、その結末とは

Posted on 11月 15, 2017 in 生活

今、女性の不倫が増えてきていると言われています。妻の不倫が判明した場合、その結末はどのようになっていることが多いのでしょうか。妻が不倫をする場合には、多くのケースで離婚に発展することが多いようです。

どうしてなのかというと、妻が不倫をする理由を考えてみると分かりやすくなります。妻が不倫をする理由の多くは、寂しさからといいます。妻の不倫は子育てがひと段落して子供が手元を離れたころが一番多くみられます。今までは子育てに手がかかり、忙しいながらも充実した日々を過ごしていたものの、子供の手が離れた時に一緒に子育てを振り返り、これからの人生をどう過ごしていくかということを語り合うべき夫が側にいないということが多くなっています。

ちょうどこの年代の夫の多くが会社でも責任を負うポジションにつき、仕事が充実し、家庭よりも仕事を優先しやすい世代であるということに問題があります。女性はもともと寂しいことを嫌うため、この寂しさを紛らわすために浮気や不倫に走ってしまうことが多いようです。自分の寂しさをちゃんと埋めてくれる相手を見つけたのですから、夫よりも不倫相手に気持ちが移り、夫を捨ててしまう、家庭を捨ててしまうということが起こりやすくなります。