整体院と整骨院の違いについて

Posted on 3月 17, 2018 in 健康

整体院と整骨院の違いについて書いてみます。
ちなみに、整骨院と接骨院は名称は若干違いますが同じ医療機関です。

一方で、整体院と整骨院は全く別の医療機関です。

整体院を開業するために、国家資格は要りません。
一応、民間の資格があります。
国家資格ではないので、専門の学校に通学して卒業する必要はありません。
整体院は国家資格を有していませんので、患者さんに医療行為をすることは出来ません。
医療行為でないので、保険治療を施すことも出来ません。
よって、整体院に通院すると治療費が高くなります。
あと、年末調整や確定申告で申請可能な医療費控除の申請も整体院の費用は申請することが出来ないようです。
これも医療行為が出来ない整体院だからなのですね。

整骨院を開業するためには、国家資格が必要です。
専門学校や大学を卒業して柔道整復師という資格を取る必要があります。
整骨院は国家資格を有していますので、患者さんに医療行為を施すことが出来ます。
また、保険が適用されますので、治療費を抑えることが出来ます。

このように、整体院と整骨院は名称が似ていますが、全く異なる医療機関なのです。
整体院や整骨院に通院することがあったら、両者の違いをきちんと確認したうえで、最適な方に通院したいものですね。

茨木市でインプラントが出来る歯科はここ