子ども

Posted on 7月 25, 2018 in その他

子どもの間もにも広がっているメタボリック症候群が、今問題になっています。肥満傾向の子どもは

増加しつつあり、30年前と比較するとほぼ2倍に増えており、約1割の子どもが肥満というデータもあります。子どものメタボリック症候群は、運動不足や不規則な生活、脂肪の多い食事、それからコンビニなどでいつでも買ってものが食べられる環境などが原因となっているのです。子どものうちに肥満やメタボリック症候群に陥っていると、その約7割が大人になってもその症状を引きずるようです。小児期でもひどい肥満症であれば、高血圧や糖尿病などの生活習慣病を引き起こす危険性をはらんでいます。子供が肥満気味だと感じる人は早めに検査等を受けてメタボリック症候群の予防をすることが大切です。厚生労働省からは、6歳から15歳の幅でメタボリック症候群の診断基準が出されている事実があります。子どものメタボリック症候群がそれくらい多く、予防と対策が必要とされていることを証明していることになりますviage ナイトブラ